レモンカードを作りました!

パースでは、おうちにレモンの木やオレンジの木を植えているおうちがたくさんあります。冬の時期になると(オーストラリアは、日本と逆で、今冬です。)自分たちでは消費しきれないレモンを、あちこちからいただきます。

うちにも、いただいたレモンが5つ(これでも何やかやに使った後です)。昨日の日曜日はちょうど雨が降っていたので、前から作りたいと思っていたレモンカードを二人で作りました。

ジャムのような、バター?のような…美味しいレモンカード

みなさんは、レモンカードをご存知でしょうか?

イギリスではすごくポピュラーな、ジャムのようなバターのようなレモン味のペーストです。

私はこちらに来てから初めて食べました。

レモンの風味が最高で、すごーーく美味しいんです!

彼氏のお母さんも大好物だそうで、イギリスにはファンが多いです。

作り方は、意外に簡単

まずは、レモンゼスト(レモンの皮のすりおろし)と、レモン汁を用意します。

・・・と簡単に言いましたが、実はこれが結構大変でした。

レモンの皮をすりおろすのも結構重労働ですし、うちにはレモンを絞る専用の用具がないので、手で握りつぶして果汁をとるのも大変でした。(絞るのは主に彼にやってもらいました。こういうとき男手があると助かります!)

レモンゼストとレモン汁の準備ができたら、お砂糖を混ぜます。レモン5つ分に対して、200g。

小さく切ったバターも入れます。

これを湯煎にかけて(余談ですが湯煎はイギリスではバン・マリーと言います。)小さく切ったバターを溶かします。

さらに、卵3つと、卵黄1つを溶いたものを投入。

10分程度かき混ぜながら湯煎します。

レシピでは10分とのことだったのですが、もう少しとろみを…ということで、あと10分ほど湯煎しておきました。

出来上がったら、冷まして、煮沸消毒しておいた瓶に入れて出来上がりです!

美味しすぎて味見が止まりません!

この大きさの瓶(もともとはジャムの瓶)で、1.8本くらい(2本にちょっと足りないくらい)できました。

お料理にも、使えるそうです

レモンカードはお菓子だけではなく、こちらのサイトにもあるようにお料理にも使えるそうです。

サーモンのレモンムニエルとか、やってみたい♪

とりあえず明日は、今週のティータイムのおやつとしてレモンカード入りのパウンドケーキを作ろうと思います!

いろいろと楽しめそうです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする