ただ自然の中で過ごす、という贅沢

パースは今は冬なのでさすがに泳ぎませんが、夏場はほぼ毎週、海に泳ぎに行きます。

それだけで、ものすごく豊かな気持ちになれるんです。

自然に抱かれる心地よさ

私の彼氏のお父さんは元産業潜水士でした。

なので、家族で旅行に行くときは、海に行くことが多かったそうです。

パースに来てからも、海のそばに住み、行けるときはなるべく海に泳ぎに行くようにしています。

海に行くと、いつも満足感で満たされます。

泳いだり、貝殻を拾ったり、特別なことをするわけではないのですが…なぜでしょうか。

自然はお金という概念を超える

冷たいお茶か、お水は持って行きます。タオルも必須。でもお財布は持って行きません。必要ないからです。

私たちは自然の中でたくさんの時間を過ごし、遊ぶことが好きなので、お金をフラットな価値観で見ることができている気がします。

お金は生きていくために必要だけれども、それだけがすべてじゃないし、万能でもない。

自然の中で大好きな人(たち)と過ごせる時間は、まさにpriceless!(値段がつけられない)

パースに住む前も、割と若いとき(10代とか)から、自然の中で過ごすのが好きでした。

なので、ハイキングによく行っていました。

大好きな友人たちとお弁当をもって自然の中を歩き、頂上でお弁当を広げ、降りてきて温泉につかり、ビールで乾杯して美味しいものを食べる…

美味しいもの、といってもたいていお好み焼きとか、居酒屋さんとか、割と安いお店でしたので、それほどお金はかかりませんでしたが、本当に、最高!といつも思っていました。

ハイキングに行けなくても、近くの公園で本を読んだり、川沿いを一人で歩いたりだけでも、すごくリフレッシュできます。

20代前半に友人とハワイに行ったとき、ダイヤモンドヘッドの頂上で、自分たちで作ったサンドイッチを食べ、「ここが最高のレストラン」と思いました。

スノーボードを始めてからは、雪山にいるだけで、そこはかとない幸せを毎日感じていました。

こちらに来てからは、よくピクニックに行くようになりました。

自分たちで作った美味しいものをもって、景色のいい場所を選んで、食べる。

ただそれだけなんですがw、なぜかすごく満たされるんですよねぇ・・・。

自然、家族、友人、ゆったりした時間、美味しいもの…そういった人生のたからものをこれからも大切にしていきたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする