自家製冷凍食品で、食費節約

以前に、「~の素」は買わない、というお話をしましたが、うちでは冷凍食品や出来合いのものも買いません。

その代わり、冷凍食品を自作しています。w

意外にたくさんのものが冷凍できる

以前に旅行に行く際、野菜たちが冷蔵庫に残っているのを見て、捨てたくないなぁ、とこれまたグーグルで(困るとすぐにグーグルさんに尋ねます。外国に住んでいると、近くに聞ける人がいないので。^^;)冷凍できるか検索してみると、意外や意外、本当にたくさんのものが冷凍できることがわかりました。

その時は、キャベツを使いやすい大きさに切って冷凍。ズッキーニも輪切りにして重なり合わないようにして冷凍。ニンジンもOK.

旅行から帰ってきてから、これが便利でした!そのまま料理に使えます。

それ以来、野菜が余りそうになると冷凍しています。

それから、私はネギは買ってきたらすぐに小口切りにしてタッパーに入れて冷凍します。

こうしておくと、少しだけおネギを入れたい時に、いつでも入れられます。ネギは冷蔵庫に入れておくと、すぐにダメになってしまいますが、冷凍しておけばずっと持ちます。

以前、いちご狩りに行って大量にイチゴをとったときも、砂糖をまぶして冷凍に。その後、いろいろなお菓子に使えました。そのまま食べても美味しい♡

少しだけ残ったチーズも袋に入れておいて、溜まったら料理に使います。これはイギリスのセレブリティー・シェフ、ジェイミー・オリバーがやっていたこと。

彼は、”Save with Jamie(ジェイミーと一緒に節約しよう)”という番組のなかで、冷凍庫と友達になろう!と呼びかけていました。

番組の中で彼の冷凍庫の中には、ジップロック・バッグの中で平らにされたトマトソースや、バジルソースが、まるで本棚のように並べられ、そのほかにもすぐに使えて料理の決め手になるようなものが詰め込まれていました。その様子は、まるで宝箱。

それほど、冷凍庫を上手に使うことは、美味しく食べつつお金をセーブすることに有効なんですよね。

Jamie Oliverの冷凍庫について、気になる方はこちらをどうぞ!(英語です。)

たくさん作って冷凍

料理も、少し多めに作って、余った分を冷凍しておきます。

うちはお弁当がないので、(彼は毎日自分で作ったサンドイッチをお昼ご飯に持って行きます。)小分けにする必要がなく、タッパーなどに2人分入れてそのまま冷凍してしまいます。

ご飯を食べた後、少し冷めたらタッパーに入れ、台所に置いておいて、寝る前には完全に冷めているので冷凍庫に入れます。熱をとると冷凍庫内の温度が保たれて、他の食品も傷みませんし、電気代も上がりません。

食べるときも、なるべく前日に冷蔵庫に移し、当日にお皿に載せてキッチンに出しておいてほぼ自然解凍します。最後はお鍋に入れるか電子レンジで完全に温めて食卓へ。

今日は時間がないな、というときにとても助かります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする