プチ家庭菜園でハーブを育てよう

小さなスペースでも、家庭菜園

私たちはまだ日本でいうマンションに住んでいるので、

お庭はありませんが、プランターでいろいろ育てています。

こちらはバジル

バジルは、最初に買った一本から、どんどん増やしてます。

葉がついた茎を切り取って水につけておけば、根が出てきますので、それを土に植えてあげれば、グングン育ってくれます。

カワイイ花がたくさん咲いたあと、種ができますので、それも取って保存してあります。

なので我が家では、バジルはもう買う必要はなさそうです。

プチトマトもあります。

以前には、家庭菜園でできたトマトの実も入れてトマトケチャップを作ったことも♪

また書きますね☆

バジルとトマトは、コンパニオンプランツといって、一緒に植えると相性のいい植物なんだそう。

農薬や化学肥料は使わないので、そういう知識を学ぶことを大切にしてます。

以前、アブラムシと、そのアブラムシに群がるアリがたくさんいて困ったのですが、牛乳を水で10倍くらいに薄めたものをアブラムシにかけるといいと聞き、ちょうど空になった牛乳の入れ物に水を入れてまいたところ、いなくなりました♪

そしてこういう情報も、すべてインターネットで調べています。

アブラムシが出やすいのは土に窒素が多いからだということも、ネットのページから学びました。

こういった役立つページを作ってくださってる方々、本当にありがとうございます!

ほんとありがたいです。

いろいろ失敗もしつつ、思考錯誤しながら育てています。

ハーブは、ちょっとあると便利!

ハーブは、ちょっとあると本当に便利!

うちには現在、ローズマリー、パセリ、ミント、タイムがあります。

ローズマリーは、ローストディナーを作るときに、塩コショウといっしょに葉っぱをパラパラまぶすと、ほんとレストランの味に!!

パセリは、実は栄養価が非常に高いハーブだそうです。ハーブ研究家のベニシア・スタンリー・スミスさんが、時々喫茶店などでサンドイッチといっしょにパセリが出てきますが、もしかするとサンドイッチ自体よりもパセリの方が栄養があるかも!?なんておっしゃっていました。

ただ、日本人はあまりパセリを食べないので、飲食店では彩りのパセリを使いまわしているお店もあるとか…ちょっとお店では食べずらいかな、と思ってしまいます。

自分で育てていれば、そういった心配はないですね。

ミントは、葉を収穫してお湯を注げばミントティーに。

私のおすすめは、ミントシロップです。

同量のお水と砂糖(この比率はお好みで)をお鍋に入れて、弱火でお砂糖を溶かして、火を止めた後にミントの葉を入れます。冷めるまで放置。私は保存するための瓶(煮沸消毒してくださいね)にそのままミントも入れてしまいますが、取りたいと思えば取ってください。

これをトニックウォーター(砂糖が入っていない炭酸水)で割れば、夏にぴったりのさわやかドリンクになります。

タイムも、ブーケガルニなどに使われる、ほんとに香りのいいハーブ。

料理の香りづけにGOOD!

ちょっと入れるだけで、料理の格がグンとあがります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする