旅先で、お土産選びに時間を割きずぎない

皆さんは、旅行に行ったとき、お土産はどうしていますか?

私は、あまり時間をかけすぎないようにしています。

1日潰してお土産探し・・・

子供のころ、両親や祖父母、おじおばなどの親戚と旅行に行くと、最終日は必ず1日がかりでお土産購入をしていました。

何々さんには以前これくらいのものを貰ったから、同じくらいのものを返さなきゃ・・・出る前にだれだれさんに会って旅行に行くことを話しちゃったからお土産買わなきゃ・・・

お土産を買うのも重労働ですよね。

当時の海外旅行は、皆の予定を合わせて、一番のハイ・シーズンに大金を払って、5日などの短い期間に、それも一家で行くので大変なエネルギーを使って行っていました。

それこそ金額に換算したら、1日ウン万円かかっていたと思います。

その1日をつぶして、エネルギーを使ってお土産を買う。

そしてもらった人もまたそれをしなければいけない・・・

みんなでお土産を止めて、その分のエネルギーを現地を楽しむことに使ったほうがいいのでは?と思っていました。

「義理」だけの買い物はなるべく少なく

そしてもらったら返さなければいけない・・・

もらうほうも、食べ物をもらっても、口に合わないかもしれないし、置物をもらったら、置く場所に苦慮・・・

断捨離ブームの今の時代に、あまり好みを知らない方に何を送ればいいのか、ということも迷います。

もちろん会社関係や、お世話になっている方など、お土産が必要な場合もあると思います。

お互いに負担にならない配慮

とても親しい友達に、以前にもらったからとか、旅行のことを話してしまったからとか関係なく、あの人にこれをプレゼントしたい、きっとこれは好きだろうから喜んでくれるだろうな、と想像しながらする買い物は楽しいものです。

私は、なるべく旅行に行く友達には、お土産はいらないよ、と伝えるようにしています。そうすれば、貴重な時間をつぶしてお土産を探す時間分、現地での経験に使うことができますし、お土産を買わなきゃ、といつも考えているのがかわいそうだと思うからです。

もちろん、お土産をみんなに買うのが楽しい、それが旅の楽しみのひとつだ、という人はそれでいいと思います。

私と友人たちは、お互いに、負担にならないように、相手が喜びそうなものがあたら買う、もしなければお土産はナシで、というようにしています。

そうすると気が楽です。

周りで同じように考える人がいたら、お話してお互いにお土産はナシにしてもいいかもしれません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする