たくさん寄付しました

・・・といっても、お金ではなく不用品を、です。w

今週末は彼氏が月曜日までお休みでした。天気があまり良くなかったので、家の片づけをしました。

冷蔵庫、ゴルフバッグなどを処分

以前に友人が景品で当たった新品の小型冷蔵庫をくれました。うちの家には大きな(普通サイズの)冷蔵庫があったので、いつか使うかな?と思って置いておりましたが、もう2年ほど使っていないので処分することに。

ゴルフバッグは、一つ持っていて、打ちっぱなしなどでは2人で1つのゴルフバッグを使っていたのですが、ゴルフ場でプレーするときには、一人に一ついるので、こちらで個人の人たちがいらないものを売るときに載せるインターネットの掲示板のようなもので見つけて25ドルで買いました。ところが、買った日かその次の日かに、顔見知りではありましたがその日に初めてお話ししたご近所さんが、ゴルフバッグをくださったのです!しかも古いですがとてもいいものを。という訳で不要になったゴルフバッグ。うちにはずっと、2人しかいないのに3つのゴルフバッグが並んでいました。w

あとはこまごましたもの。いただいた大きなかごなど。

すべてOPショップというお店に持って行きました。

OPショップとは、まえにも書きましたが、Opportunity Shopの略で、 Good Opportunity(よい機会、チャンス)などに出会える、要は掘り出し物、お宝に出会えるかもしれないという意味と思います。(私はそう解釈しています。w)

オーストラリアやニュージーランドには、本当にたくさんあって、人々の生活に根付いています。10年以上前に初めてオーストラリアに来たころ、18歳の可愛いオージーガールの友人が、OPショップに連れて行ってくれて、大はしゃきしながら安い洋服を選んでいるのを見て、バブルの国から来た私は衝撃を受けました。w

本当にみんなにとって良いシステムで、不用品がある人はそれを寄付でき(捨てるより、それをまた使ってくれる人のところに行くほうがいい、しかもそれを売ったお金がよいことのために使われる)、買う人も、普通のお店で買うよりものすごーく安いことが多いので助かる。そして、そのお金は慈善団体へ…。お店のスタッフさんもみなさんボランティアです。

冷蔵庫を持って行ったときには、たくさんスタッフの方が出てきて喜んでくださいました。

私たちも、まだ使えるものを捨てなくてよかったので、心が痛むこともなく、むしろいい気分になれました。本当にありがたい、そして賢いシステムだと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする