都会で採集生活w

きっかけはあるウエブサイト

彼氏がネットサーフィンをしていたときに見つけたあるウエブサイト。パースにあるフルーツの木についての地図が載せてありました。それらの中で公共の場所にあるものは、フルーツをとっていいというのです。

ある日の休日、早速それが本当か見に行ってみました。

面白半分に1日だけ探した限りでは、ほとんど見つけることはできませんでした。唯一見つけられたのは、パースに街路樹としてよくあるモートン・フィグ・トゥリーというイチジクの木でした。イチジクと言っても、実はとても小さいです。木には先客の鳥さんたちが何匹か、イチジクをつついていました。

私たちは試しに少しだけ採って持って帰ってみました。もちろん鳥につつかれていないものを。w 生で食べる勇気はなかったので、ジャムにしてみました。結果、味は悪くないのですが、種がたくさんあって口の中でじゃみじゃみしました。結局、このあとまた採りに行くことはありませんでした。w

散歩のついでに昆布を採集

また別の日。海を散歩していると、たくさんの海藻がビーチに打ち上げられていました。何事にも好奇心旺盛な彼が、「これって食べられるかな?」と。ネットで調べてもよくわからず、彼は海藻に関する本を注文。w(あまりに買う人がいないため、書店に置いておらず、取り寄せになりました。w)その本によると、よく近くのビーチに打ち上げられている海藻のうちのいくつかが食べても大丈夫とのことでした。

残念ながら、海の中に生えている状態の海藻は採ってはいけません。柔らかい海藻は食べられる状態で打ち上げられていることが少ないです。ですがコンブのようなものは海の中にゆらゆら漂っていることが多いので、採ってきて、きれいに洗って干します。

だし用に水につけて煮だすと、すごく風味が出ます。こちらでコンブを手に入れようとすると、日本のスーパーで買わないといけなくて、割高です。なのでこのコンブ、すごく助かってます。w

それに、散歩のついでに採って来れるのも気軽でいいです♪

うちでは1か月に1度ほど、コンブがなくなると採りに行っています。

こちらでは海藻は食べる人はほとんどいないようです。ミネラルなどたっぷりなのにもったいないです。最近読んだ本で、海藻の中のフコイダンという要素ががん細胞を自殺させる作用があると読みました!?海藻が体にいいとは聞いていましたが、これはすごいですね。

こちらでは海藻は畑の肥料として使っているようなので、うちでもだしをとった後はコンポストに入れて肥料にしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする