気軽にキャンプ その2

昨日からの続きです。

手作りストーブも

いろいろな方のブログを読んでいて、気になったロケットストーブ。小型バージョンもあると知って、俄然、制作意欲が湧きました。(←彼の。w)ロケットストーブとは、中の管がJ字型になっているおかげで、燃焼効率の非常によいストーブで、私たちが作った小型のものなら、小枝を集めて来るだけでお湯を沸かしたり、簡単な煮炊きができます。

写真は第1弾に作ったもので、彼がより完璧なものを目指してアルミを切る道具まで買いw、第2弾を作りました。五徳は電子レンジについていたものがぴったりはまったので活用しています。

パースでは、山火事の危険があるので、夏の間はたき火などが認められていませんが、冬場はこれを持って行って、小枝を拾って燃料とします。燃料代はゼロです。w

冬場の楽しみはたき火!

冬になると、楽しみなのはたき火です。温まるのはもちろん、枝にマシュマロを刺して火であぶり、ハフハフ言いながらほおばるのも至福の時。もちろん空には満天の星が。ウ~ん、たまりません!薪は買うこともできますが、たまに前に来た人が置いて行ってくれたり、それから自宅の近所の方が木を切ったら、捨てるところをもらったり、なるべく買わずに済ませます。ゴミになるはずのものが燃料になるのですから素敵です。

キャンプ用品は中古品を活用

キャンプに行き始めてから欲しいと思ったのがアイスボックス。

ですが、新品だと結構高くて・・・。そこで中古用品が集まるOPショップというところへ。こちらは、皆さんがいらないものを寄付して、その売り上げを寄付金としていろいろな団体に提供しているところ。私もいらないものがあるとこちらに寄付させてもらいます。お金にはなりませんが、それが人の役に立つと思うと気持ちがいいです。

さて、話は戻ってアイスボックス。中古で、中くらいのものが3ドル(300円しないくらい)!?さらにちょっとしたお出かけに便利な小型のものが2ドル(200円弱)!?という破格値で変えました。いずれも美品。

小さめのものは夏のピクニック、中くらいのものはBBQなどにも大活躍。

イスやテーブルはなくてもOKなことも

それから、折り畳み式のイスも中古で。こちらはひとつ7ドル(700円弱)折り畳み式のテーブルは新品がセールになっているところを15ドルほど(1500円弱)で買いました。

このイスとテーブルも、キャンプ以外のちょっとしたお出かけに積んでいって、景色のいいところでティータイム…なんていうときに役立っています。

ですが、これらを買うまでは、なしで行っていました。こちらには備え付けのテーブル・イスがあるところがとても多いからです。行ったことがある場所で、それぞれのキャンプサイトに備え付けのイス・テーブルがある場合は、持って行かないこともあります。

無料のキャンプ場を探す

以前は、有料のキャンプ場に泊まっていました。でも、あるときから無料のキャンプ場のことを知り、そして多くが公共のものであるそれらのキャンプ場は立地がいいことが多い!ので積極的に利用させてもらっています。中には絶景オーシャンビュー!のところや、静かな森の中、のところも。日本にもたくさんあるようですよ。私たちはネットや本や、携帯のアプリで探しています。

日本はキャンプの季節到来、ですね!

皆さんもお気軽にキャンプ、楽しんでみてくださいね~♪

また気づいたことがあれば書きたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする