SNSで”素晴らしい人生”を演出するために生きない

SNSは楽しい、でも…

FacebookなどのSNSで友人の近況を知ったり、自分の近況を知らせるのは楽しいものです。ですが、やりすぎてしまうとSNSのために生きている、ような状態になってしまいます。SNSに投稿するためだけにどこかに行き、そこにいる間もSNS映えする写真を撮ることばかりに必死で、そこにいる時間をそこにいる人たちと楽しむことをおろそかにするようでは、SNSをすることが弊害になっているといえるのではないでしょうか。

この間オージー(オーストラリア人)に言われたのが、「バスから若いアジア人の団体が下りてきて、みんなそれぞれ水着を着てビーチで自撮りをし始めた。それから泳がずにバスに乗って去っていった。」とのこと。

アジア人に限らずどの国にもこういった人たちはいると思います。今を楽しむことを忘れた本末転倒なその姿は、やはり少し滑稽ですよね。

キラキラ女子競争に巻き込まれない

高級バッグを持ち、高級レストランで食事…こういうことに価値をおく人たちもいます。私はそういうものに全くと言っていいほど興味がないですが。友達にそういう人たちが多いと、「私ももっと高いものを持って、もっと高いレストランで食事しなきゃ…」みたいになり、無理して高級バッグを買い、高級レストランで食事をし、それをSNSに投稿するために一生懸命写真を撮り…その努力と時間とお金、かなり不毛ではないでしょうか。

記事で読みましたが、実際SNSでキラキラ投稿をするために、自分や旦那さんの収入に見合わない高額支出をし、家計が圧迫されているケースは多いそうです。

それに、そんなに見栄をはらなければいけない人間関係ってなんでしょう?本当の友達となら、素の自分で付き合えるはずです。

SNSにキラキラ投稿をしたいがためにランチやカフェに誘ってくる”キラキラ女子”にも注意!誘われて実際に行っても、写真を撮ることや”チェック・イン”することに必死…投稿をしても結局食べたものや自慢したい高級レストランの内装やうらやましがらせたい景色の投稿ばかりで、自分と行ったことも書かれていない・・・こういう人たちのために時間やお金を使う必要は、はっきりいってないと思います。

“女子力アップ””自分磨き”はほどほどに

記事ではさらに、”女子力アップ””自分磨き”という言葉に敏感な人が、収入以上のキラキラ支出という罠にはまりやすいとのことでした。これらの言葉が危険なのは、それに明確なゴールがないところだそうです。なのではっきりとどうなりたいのかもわからないまま盲目的にお金をつぎ込んでしまう女性が多いとのこと。本当にそれが自分にとって必要なのか、しっかりと考えて、そのうえで本当にお金を使いたいものだけを選ぶことが大切ですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする