カナリア諸島へ。

超有名LCCで。

マンチェスター空港から、飛行機で4時間半。今回は、ずっと気になっていたライアン・エアーに乗りました。みなさん、ライアン・エアーはご存知でしょうか?

LCC(ロー・コスト・エアライン)の先駆けともいえる、ヨーロッパではあまりにも有名な格安航空会社です。機体がベニヤ板でできているとか、トイレの使用が有料だとか(いずれも嘘です。w)、巷ではめちゃくちゃなうわさが飛び交っている航空会社ですが、私はずうっと前から話を聞きながら、乗ったことがなくて、乗るのを楽しみにしていました!

で、乗ってみた感想としては、飲み物や食べ物などは有料ですが、案外普通でした。荷物も、チェックイン20㎏のところ、21.50㎏でも超過料金なしで大丈夫でした。

オーストラリアで、カンタスの航空券をカンタスの値段で買ったのに、いざ飛行場に行ったらカンタスの便はキャンセルになりましたと告げられ、数時間待ってジェットスターの便に乗ることになり、そこではカンタスの基準ではなくジェットスターの手荷物の重さしか認められず、それ以上はなんと超過料金を取られ、後日カンタスに抗議しても「何もできることはない」と言われた経験があります。スタッフの対応もものすごく悪くて、ジェットスターやカンタスはもう使いたくないな、と思いました。

それに比べたら、すごくよかったです。それにすごく低料金なので、うまく使えればヨーロッパの旅の強い味方になりそうです。

ヨーロッパのハワイ

さて、カナリア諸島ですが、実は”ヨーロッパのハワイ”と呼ばれているそうです。主にイギリス人やドイツ人が、太陽を求めてやってくるリゾートだそうです。

たくさん島があるのもハワイ諸島と似ていますよね。

で、私もハワイを連想して行ったのですが、景色はハワイとは大分違っていました。

違う惑星…

スペインといえど、アフリカに近いこともあり、木のない山々、黒い砂のビーチなど、見たことのない風景が広がっていました!

そう思うのは私だけではないようで、スターウオーズの次回作、「ハン・ソロ/スター・ウオーズ・ストーリー(仮名)」はここフエルテベントゥラ島で撮影されるということで、撮影クルーが、私たちのいた週の次の週に現地入りするとのことでした。

世界遺産にも指定されているそうです。

リゾートだけあって、ビーチもきれいです。

砂丘もあったので、スターウオーズの撮影にはピッタリじゃないでしょうか。

ここまで違う景色のところに来ると、旅に来たな~!!って感じがします。世界は広い!もっと見たい!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする