気軽にキャンプ その1

キャンプに行こう!

我が家はキャンプが大好きです。最近こそ回数も減りましたが、はじめパースに引っ越してきたときには、毎週のように行っていました。w

キャンプの良さは、気軽に行けること。だいたいのキャンプサイトが予約不要なので、気が向いたときにふらっと行けます。

車中泊なら快適。

初めの数回はテントで寝ていました。でも寝心地がイマイチ・・・私がニュージーランドにいたころ、年上の友人カップルたちは大きなバンのなかに手作りのベッドフレームを設え、その下に作った引き出しに旅に必要なもの(キッチン用品や水、服、その他諸々)を収納し、ニュージーランド中を巡っていました。

彼らが言っていたことで最も印象的なのが、「朝起きてドアを開けたら最高の景色がそこにある。毎日最高のベッドルームで寝ることができるんだよ。」ということでした。そのころから、バンで旅するというのは私の憧れでした。

幸い、彼氏が会社から支給されている車は小型のバン。しかも私用が認められています。キャンプに出掛ける時には彼が普段使っているツールなどを家の中に移動し、お掃除をして、キャンプ用品を詰め込んで出かけます。日本から個人輸入した布団セットをカバーに入れてバンにのせ、日中はソファーとして使用。夜にはキャンプ用マットの上にいつもピクニックのときにひいているラグを引き、布団を敷いて寝ます。前方の窓を少しだけ開けています。虫が入らないように手作りの網戸もセット。後方の窓には使わなくなったシャワーカーテンで目隠し。とても快適に寝ることができます。

キャンプ用品を買いこまない

キャンプに行き始めた時に買ったものは、安いテント(3000~4000円くらい)とマット、カセットコンロとコンロ用ガスボンベのみでした。その後テントは使わなくなりました。キャンプ用のものをたくさん買うと、収納に困ります。うちでは、調理器具は普段家で使っているもの、布団も家で使っているもの、食器類はピクニック用にIKEAで買った子供用のプラスチックのもの、という風に、極力普段使うものをキャンプでも使うようにしています。

キャンプでの調理は、バーナーやストーブなどに凝る人が多いですね。うちの両親も、二口のキャンプ用ツーバーナーを持っていましたが、これにセットする”キャンプ用”ガスボンベ、高いです。しかも火力、弱いです。私も登山用にシングルバーナーの五徳?を持っていますが、これはあくまで荷物を軽量化したいためなので、車で行くキャンプではカセットコンロが一番と思います。両親が使っていたツーバーナーは見た目カッコいいですが、キャンプに行かなくなってからはずっと倉庫の中です。カセットコンロなら、普段のお鍋やたこ焼きパーティーなど、室内でも使えます。

長くなりましたので、続きはまた明日~♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする