1歳1か月の赤ちゃん連れで、ベトナム・ハノイ12日間の旅

こんにちは。

タイトルに書いたように、1歳1か月の赤ちゃん連れで、ベトナム・ハノイへ12日間の旅行に行ってきました。

旦那さんがベトナムをはじめアジアの国でバックパッカーをしていて、特に好きな国がベトナム。

私もバックパッカー時代ありましたが、ベトナムには行ったことがなく、行きたいな~と思っていました。

ただ、赤ちゃん連れでどうなの?とは思っていたのですが、旦那さんが「大丈夫、大丈夫」と言うので行くことに。

で、着いた初日、旦那は考えの甘さに気づくことに…(笑)←笑えないけど。

それでも作戦を変更し、結局めちゃくちゃ楽しんできました!

私たちが赤ちゃん連れでどうやってハノイで過ごしたのか、これから書いていきたいと思います。

ホテルは便利な場所が絶対正解!

Leon_Ting / Pixabay

ホテルは便利な場所にとっておいてめちゃくちゃ正解だったなー!と思います。

私たちが泊ったのはハノイの旧市街。

それもホアンキエム湖という湖のそば。

これがよかった!

ベトナムは今年は4月27日から5月1日までが大きなホリデー(4月30日が南部開放の日、5月1日がメーデー)で、その間はホアンキエム湖の周りが歩行者天国に!

ハノイは普段はバイクや車で子連れだと歩くのさえ怖いくらいですが、歩行者天国では、なんとベビーカーを押して歩くことができました!←アジア旅でこれはかなり得点高い!

私たちが泊ったホテルはこちら。

レイクサイドパレスホテル

朝食付きなのですが、朝食会場から湖が見えて、毎日清々しい気分で一日を始めることができました。

朝食ではチキンの入ったフォーも出ます。

何よりスタッフさんたちがすごくフレンドリーでよかった!

このクオリティで一人1泊1600円くらい(一部屋3200円くらい)で泊まれたので、かなり満足です。

ホテルのすぐ前にサークルKがあるのもいい感じ。(ビールが60円くらいで買えます。それにちまきみたいなのが日本での肉まんみたいな感じで売られていて、これがおいしい。これも70円くらい。笑)

ベビーベッド付きホテルの探し方

以前の記事にも書きましたが、ベビーベッド付きホテルを探せなくて困っている方のためにもう一度ベビーベッドについて。

ベビーベッド付きのホテルを探せるサイトは、私が知っている限りhotels.com(ホテルズドットコム)だけです。

☆Hotels.com☆いつでもお得なホテルはここ!

検索の仕方(パソコンの場合)

パソコンの場合の検索の仕方は

はじめのページで一度、行き先と日付を入れて検索すると、ホテルがずらっと出てくるページに移動します。

その移動したページの上の方に、日付や何泊かなどが書いてあるところがあり、その下に

検索条件を変更する

というところがあるのでそこをクリックし、さらに

設備

をクリックすると、ベビーベッドあり

というのが選べるので、そちらを選んで再度検索してください。

検索の仕方(スマホの場合)

スマホの場合は、検索窓の下に

絞り込む

という青いボタンがあるので、それをクリックすると条件がいろいろ出てきます。

「ベビーベットあり」にチェックを入れて

適用

の青いボタンを押せばOK

hotels.comは10泊すると1泊分無料でもらえます。


ハノイでは無料でベビーベッドを貸してくれるホテルが多かったです。私たちが泊ったホテルも無料で貸してくれました。

ベビーベッドを持っていく、という手もあり

泊まりたいホテルにベビーベッドの貸し出しがない、貸し出しがあっても手数料を取られる、という場合は、持っていく、という手もあります。

“トラベルコット”と言って、折りたたむと小さくなるベビーベッド。

旅行用に作られているので、持ち運びやすい重量です。

貸し出し手数料はアジアでは安いもしくは無料のところが多いんですが、欧米は高い傾向にあるので、 たくさん旅行されるご家族なら早めに一つ買っておけば、買った方が安いということもあります。

うちも持っています。

飛行機に乗せられるの?という疑問をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、航空会社でもベビーカーと同じようにトラベルコットも無料で預けられる会社が多いです。

ですがこちらは事前にお使いの航空会社にお問い合わせするか、HPをチェックしてみてくださいね。

私たちが今まで使った航空会社では、いずれも無料で預け入れ荷物にしていただけました。

基本はベビーキャリーで

赤ちゃん連れアジア旅の基本ですが…

ベビーカーはなかなか使えません!

なのでベビーキャリーは必携!

おすすめのベビーキャリーは旅行用にコンパクトになるもの。

こちらは畳むとB5サイズになり、420gと軽量。(収納ポーチに収まります。)

napnapベビーキャリー「Compact」

あと、雨がよく降るので(さっとですが)ベビーキャリーのレインカバーもあるといいです。

私たちが行った5月はもう夏の初めで、夏場は基本夜にさっと雨が降るくらいだそうです。

雨が降っても暖かいので割と乾くので大人はぬれても結構平気ですが、赤ちゃんが濡れるのはかわいそうですからね。

まだまだいろいろ書いていきたいと思いますが、今日はこの辺で~。(#^^#)

つづきはこちら↓



シンプルライフランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村