赤ちゃん連れバリ旅行のコツ☆移動編

こんにちは。

先日8か月の赤ちゃんを連れてバリ島へ旅行に行ってきました。

その際に役立った情報をシェアしていきたいと思います。

今回は移動編。

coltsfan / Pixabay

ベビーカーは使えないと思ったほうがいい

Mariamichelle / Pixabay

バリ島は道があまりよくなく、お店が道にせり出したり人が座っていたりして狭かったりするので、ベビーカーは基本使えないと思っていたほうがいいです。

うちも一応持って行って、ホテル内の移動や、ショッピングモール内などは使いましたが、それ以外はずっとベビーキャリーでした。

旦那さんがずっとおんぶしてくれていました。

炎天下の移動はきつい。タクシーをバンバン使うべし!

普段の旅行では結構歩く私たちですが、さすがに赤ちゃんを背負って(私もそれ以外の荷物ー例えば粉ミルクやミルク用のお湯、自分たち用の水、赤ちゃんの着替えやおもちゃなどを背負っていました)炎天下をずっと歩くのはきつかったです。

そこで、タクシーの出番!

バリ島ではメーター式のタクシーは少ないのですが、ブルーバード・グループという会社のタクシーならメーター式で安心。

初乗りが7000ルピア(60円くらい?)でその後は1キロごとに6500ルピア(55円くらい?)なので、バンバン乗ってもパースで(日本でも)大人2人でバスに乗るより断然安かったです!

料金は道の込み具合にも左右されるようですが、例えば1.5キロ先の目的地なら、200円くらいで行ける感じです。

これなら赤ちゃん背負って歩くよりタクシーに乗ったほうが合理的。

バンバン使わせてもらいました。

端数はチップとしてドライバーさんに差し上げるのが慣習のようです。

と言われるまでもなく、旦那さんはかなり寛大にチップをあげてました。

バリ島ってかなり交通事情が悪いのですんごく運転が大変そうだし、しかもナビなしで道が頭に入っているところはまさに職人!という感じで本当にありがとう!!!っていう気持ちになるんですよね。

ブルーバードのドライバーさんは、ほんとにいい人ばっかりで安心して乗れました。

似せたタクシーに注意!

ただ、ブルーバードに似せたタクシーもあるので注意。

“BLUE BIRD GROUP”とフロントガラスに書いてあるのがブルーバード。

“BLUE BIRO GROUP”なんて書いてあるタクシーもあるので、注意が必要です。

空港やウブドではブルーバードは使えない!?

空港やウブドでは、ブルーバードのタクシーはお客はのせてはいけないことになっているらしいです。

空港付近からブルーバードのタクシーに乗る方法

ですが、空港って徒歩で出られるんです。

タクシー乗り場を抜けて、駐車場を抜けてずんずん行くと、網の壁があるんですが、それを人の流れに沿って行くと、出口があって出られます。

そして余談ですが実はここからショッピングモールのリッポーモールへも歩いて行けます。

私たちはその先のディスカバリーショッピングモールへも歩いていきました。

空港から出れば、ブルーバードのタクシーを捕まえることができます。

海外格安航空券の空席情報をいますぐ検索!

ウブドのタクシーの相場

DaFranzos / Pixabay


残念ながらウブドではブルーバードのタクシーを捕まえることはできないみたいなんですが、ウブドではタクシーの相場がほぼ決まっているそうです。

ホテルのフロントで聞いたところでは、3か所に立ち寄るチャーターで350000ルピアほど。日本円で言うと2700円ほど(2018年11月現在)。

私たちはテガララン・ライステラスと、ティルタ・エンプル、グアンカヌイのお寺に行きました。

テガラランでランチしている間も待っていてくれて、全部で半日ほどかかって3000円もしないのはかなり安いなーと思いました。

無理せずに楽しんで

いかがでしたか。

バリ島では気温も熱く、食べ物も日本とは違い、飛行機疲れもあり、赤ちゃん連れで動き回っていると疲れが出てきます。(私たちもそうでした。)

なのでなるべく疲れない方法で旅を楽しんでくださいね。^^

バリ島で格安のホテルを探す

世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】でバリ島について調べる

人気ホテル&旅館が最大50%オフ



シンプルライフランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする