よく遊ぶ人ほど成功できる

こんにちは。

今日は、シェアしたい素敵な本について書きたいと思います。

よく遊ぶ人ほど成功できる

今日ご紹介したい本は、佐藤富雄著『よく遊ぶ人ほど成功できる』です。

今は新書になり、『「遊ぶ人」ほど成功できるホントの理由』という題名で発売されているようです。

この本、大好きなんです!

遊べば遊ぶほど成功しやすくなるなんて、最高ですよね!?(笑)

なぜそんなことが可能なんでしょうか?

遊ぶと脳が活性化し、快楽ホルモンがでる

快楽ホルモン…こちらの『脳内革命』(第2冊目も出ています)で超有名になったベータエンドルフィン。

ベータエンドルフィンは、別名幸せホルモンとも呼ばれ、集中力、忍耐力、思考力、記憶力、創造力など脳の機能を向上させるとともに、アンチエイジングにも効果があります。

快楽ホルモンと呼ばれているのは、脳が《快》だと感じることによって分泌されるホルモンだからなんですね。

ですが、遊びなら何でもいいわけではないんです。

大事なことは、遊びの質。

脳の活動領域を広げるような遊びをする

みなさんも、経験があると思います。

旅行(特に海外旅行)で、自分の普段の暮らしとはまったくかけ離れた場所に行くことで、いつもと違う自分になったような気分になったことが。

このとき、脳の中ではすごく大きな変化が起きていて、脳の活動領域が広がっているんですね。

なので、帰った後ものすごく仕事がはかどったり。

特にいいのは旅など自分を非日常の世界に置く遊び。また体を使った遊び。自然の中での遊び。

つまりいつもと違うことをする、というのは脳にいいのです。

その中で快を感じる楽しい遊びをしてあげれば、脳は快楽ホルモンであるベータエンドルフィンをたくさん出してくれるという訳です。

本の中では著者の遊び遍歴が綴られていますが、かなりダイナミックに遊ばれていて、すごくいい刺激になります。

私のこれを読んでから、「私も世界中でオモシロいスポーツをたくさんしよう!」とグレートバリアリーフでダイビングしたり、セイリングしたり、もちろんスノーボードも世界の山々で(まだまだ途中ですが)滑ったり。

そしてその中で、海外のスノーボード・インストラクターの資格を、海外でビザを出してもらえるレベルまで取ろうという目標もでき、達成することもできました。

こういう風にワクワクしながら描いた夢って、なんか叶っちゃうんですよね。(笑)

その途中では、めちゃくちゃ努力しているんですが、楽しすぎて努力と感じず、ただ遊んでいるように感じていました。

これ、私の中でかなり理想の状態で、いつもなるべくこの状態をつくりだそう!と意識しています。

幸せホルモンを出すことで、楽に成果を上げたり若さを保てる

脳内で分泌されるベータエンドルフィンには副作用がありません。

出せば出すほどいいことずくめなんですね。

本のタイトルは遊ぶ人ほど成功できる、ですが、成功というのは社会的成功だけではなくて、健康でいられるとか、いつまでも若くいられるとか、幸せな人生を送れる、ということも、人生の大成功ですよね?

そういう人生の成功者が増えれば、社会はどんどん良くなっていくと思います。

なので、ダイナミックに楽しいことをドンドンやって、みんなでベータエンドルフィンをじゃんじゃん出していきましょう~!^^

まとめ

いかがでしたか?

ここに書いたことはほんのさわりなので、よければ本を読んでみてくださいね。

個人的にはものすごくお勧めの本です。

これからも、このブログでは読んだら楽しいワクワクした気分になれることを中心に書いていきたいと思います。^^



シンプルライフランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする