【オーストラリアで子育て】新生児の服ってどういうタイプが何枚必要?おすすめは?(無料プレゼントの情報も)

こんにちは。

はじめて育児ってわからないことだらけですよね。

妊娠中に、すぐに着る服だけでもそろえておこうとおもっても、

どんな大きさのものを買えばいいのか?

何枚必要なのか?

私もまったくわかりませんでした。

私の経験と、周りの人の声から、新生児の時はこれくらいあったほうがいいよ、というのをまとめました。

参考になればうれしいです。^^

1041483 / Pixabay

一番便利なのはコンビ肌着

買って置いて一番よかったな!と思ったのは、コンビ肌着と呼ばれるこのタイプ

これ、オーストラリアではなかなか見ない形です 。

オーストラリアでは、新生児用といえども首を通すものばかり。

このコンビ肌着を入院中に着せていたら、助産師さんが「Oh!キモノ!」と言ってすごく感心していました。笑

まだ首が座っていないことも多い新生児に、首を通す服は酷なので、このコンビ肌着を日本から買って着てもらってよかったー!と心底思いました。

日本の赤ちゃん服は、縫い目やタグが赤ちゃんの肌に当たらないように表に出ていたりして、細かな気遣いが素晴らしいと思います。

オーストラリアのものはほとんどが、ただ大人の服を小さくしただけのようなものが多いです。

この形なら、脱ぎ気も楽ですし、おむつ替えも簡単にできます。

秋冬は短肌着もあると便利

春夏だと、コンビ肌着だけで大丈夫だと思うのですが、秋冬など寒いときには、短肌着を下に着せてコンビ肌着をその上から着せてあげると暖かいと思います。

新生児期の1か月間はお出かけもしないので、暖房のある室内ではそれほど厚着をさせる必要はないと思いますが、状況に応じて足してあげてくださいね。

うちでは、短肌着はコンビミニさんのもので揃えました。

サンプルをいただいて、生地が他のものより柔らかくて赤ちゃんに優しいな、と思ったのがその理由。

サンプルがもらえるリンクをこちらに貼っておきますね。^^

特にお着替えが簡単なワンタッチ肌着はずごく重宝しました!

ちなみに、生後1か月ごろから暖かい日には短肌着+レギンスを着せています。
大人用靴下で簡単レギンス↓
このレギンス、よかったです。
生後1か月ごろから履くように市販のパンツもたくさんいただきました。
ですが、靴下で作ったレギンスは伸縮性があって履かせやすいんです。
赤ちゃんはズボンをはくときもじっとしていてくれないので、この靴下レギンス助かりました。^^
そろそろサイズアウトなので次回は男性用靴下を100均で買ってまた作ってあげようかな?と思っています。

長肌着?

長肌着というものがあり、それもおススメされていたので買ってみたのですが、コンビ肌着があれば正直そんなに必要なかったかな?と思います。

サイズは?

サイズは、もちろんその子によりますが、50くらいが平均と思われます。

45のものを数枚用意していましたが、着れたのは数回でした。

50くらいを用意しておいて、もし生まれてきた赤ちゃんが小さめだったら、とりあえず50を着てもらって、その間に小さめのものを買う、というのでも大丈夫じゃないかな、と思います。

おススメは、こういったセット

一からそろえるなら、新生児用のセットを買うことをお勧めします。

男の子↓

新生児には、新品がベター

sathyatripodi / Pixabay

私は子供服は古着でもいいと思っているのですが、新生児の間はすべて新品で揃えました。

生後3か月になってから、数枚はネットオークションで買った古着を取り入れています。

少し大きくなって皮膚が強くなってからなら古着でも問題ないとは思うのですが、新生児の間は心配だったのでそうしました。

おかげさまで特に問題なく過ごすことができました。

子供用の古着を安く手に入れるアイデアはこちら↓


枚数は?

これは、退院されてからお手伝いが頼めるかどうかにもよってくると思います。

お洗濯から次のお洗濯までの日数プラスαあれば安心ではないでしょうか。

赤ちゃん用の服は専用の洗剤で、他のものとは別に洗わなければいけないため、お手伝いを頼める方で頻繁にお洗濯してもらえる方は少なめに、頼めなくてママがお洗濯をしなければいけない場合は多めにある方が安心と思います。

産後って、本当に体がきついですから。

赤ちゃんのお世話もありますし、「もう明日着る服がない!」なんて言う状況になってしまうとつらいので。

平均としては、コンビ肌着が5枚、短肌着も5枚くらいあれば足りるのではないかと思います。

とはいえ、うちでは枚数が多すぎて余りました💦

というのも、自分たちで用意したものプラス、お祝いでもお洋服をいただいたからです。

これは嬉しい誤算だったのですが、すごくたくさんの方からお祝いを頂きそのなかにお洋服もたくさんあったんですね。

なので、着ないでサイズアウトしてしまった洋服も何枚かあり、すごく残念な気持ちになりました。

今は通販もありますし、はじめはすこし少な目に用意して、足りないと思ったら買い足す、くらいでちょうどいいかもしれません。