“中古”を選ぶことで得られる自由

こんにちは。

突然ですが、車を買いました!

といっても、数か月かけて検討してきて、ようやく、という感じです。

今までは彼の会社から支給されているバン(私用OK)で事足りていましたが、何分仕事用なので機材などを積むために座席は2席(運転席と助手席)しかありません。

赤ちゃんが産まれたら、ベビーシートをつけるところがないのです。

なので、車を探していました。

私たちの欲しい車の条件は、

2シーター以上、できれば7シーターくらいあるとよし

車中泊できるように、フルフラットになるもの。座席を外したりすることなく簡単にフルフラットにすることができれば、なおよし。

できればトヨタ(トヨタのリライアビリティ(耐久性)はこちらでも多くの人たちに支持されています。トヨタ大人気。)

そして中古でありながら古すぎず、マイレージ(総走行距離)も行き過ぎていない

中古にこだわるイギリス人

うちの旦那クンは、最初から新車を買うことは全く検討していませんでした。

まぁ値段が高いということもありますが、(ちなみに彼は新車を買っても全く問題ないくらい稼いでます。)新車を買って1日でも乗っただけで中古になってしまい、価値が落ちてしまう(新築プレミアムならぬ新車プレミアム)が我慢できないそうで、それよりは状態のいい中古車を断然安い値段で購入することが合理的だと考えているようです。

もちろん私もその考えに賛成。

実際、トヨタの車は壊れにくいことで有名で、日本で役目を終えたハイエースなんかは、海外で大人気で、40万キロくらいは走るそうです。

日本では、車検があるので10年以上同じ車に乗り続けるのが経済的に難しいという話を聞きますが、こちらでは制度が違うので、10年落ちでも20年落ちでも、割と普通に走っています。

中古車がいい点

まず、購入費用が断然安いです。

今回も、数十万で状態のいい中古車が買えました。こちらではトヨタは輸入車になりますし、日本ほど中古車市場がよくない(日本って、ほんとに中古車安く買えますよね~!びっくり!)ので、日本で買うよりは高いですが、それでも同車種の新車を買うのに比べて費用は4分の1くらいで済んでいます。

なので、もちろん現金一括払いで!むだなローンを組む必要もありません。

新車をローンで買って…となると、新車の値段+金利で、かなりの金額に。

それから、傷がついても気にならない。

もともと傷などある状態で買っていて、日常の足やキャンプなどにもガンガン行くつもりの車なので、これ以上傷がついても走行に支障がない限りは全然気になりません。

うちの父は日本で新車のボルボを買ってピカピカにして乗っていますが、去年の台風で飛んできたトタンにスクラッチをつけられて、修理代が正規ディーラーで数十万(うちの車の購入費用より高い)と言われたそうです。

もちろん保険は効きますが、その分保険料が上がるわけで。

とっても悲しいですよね。

うちの車はファミリーカーで、汚すの前提、傷がついてもそのまま走るの前提なので、もともとそんなにきれいな車じゃなくても全然OKなんです。その方が気が楽。

彼は若いころイギリスで色々な車、それこそ若い子が好きなスポーツカーとか、ごついBMWとか、ミニクーパーとか散々乗ってきたみたいなので、今は便利で壊れにくく、キャンプにも行けるファミリーカーで満足みたいです。

余談ですが、若いころ、彼の親友が自動車のメカニックということで、車を次々に乗り換えていて、彼もその影響でいろいろな車に乗っていました。あるときEbayというオークションサイトで、BMWを12万円ほどで実際に見もせずに落札してしまったことがあるそうです。w乗り始めてしばらくたってから、タイミングベルトを交換しなければならなくなったそうですが、その友達に安い値段で交換してもらったとのことでした。w

彼は今回、そのころの感覚よりはずっと慎重に車を選んでました。その親友をイギリスから呼ぶわけにいかないですから。w

⇓アウトドア用ハイエース専門店

買うなら家も中古

私たちは、買うなら家も中古がいいかな、と思っています。

新築プレミアムって恐ろしい。

1日住んだだけで普通のサラリーマンの数年分の手取り年収くらいが吹っ飛んでしまう、なんてことも。

そんなの悲しすぎます。

いうなれば、中古を買うことでその数年分の時間が買える、ということ。

家、車、その他諸々(特に大物)も新品ではなく中古を選ぶことで、その分のお金を稼ぐ必要がなくなり、自由な時間が増えます。

どうして日本では、数十年で家の寿命が来るの?とイギリス人のみならず外国人には不思議がられます。これは次々建てて壊してまた建てて…とした方が建築業者その他がもうかり、経済が潤う・・という考え方がベースになっているのだと思いますが、普通のサラリーマンが数十年かけてローンを返して…返し終わったと思ったら家の価値はゼロです、と言われたり、高額のリフォーム代がかかったり…私は全く割に合わないと思うのですが、どうなんでしょうか。

そしてもともとイギリスでは、「新しいものが古いものよりいい」という感覚がないとのこと。

本当にいいものは年月を経ても残っているはずだから、そういう古いものにこそ価値がある、と考える風潮があり、皆本当に良いものを大事にしようとする姿勢があるそうです。

新しいものを安く作って売って、ポイポイ捨てる、という考え方とは真逆ですよね。

というわけで、我が家では中古を選ぶことでコストカットし、自由な時間を買う、ということを意識しています。



シンプルライフランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする