ついでのカンタン保存食づくり

こんにちは。

気が向いたときに、気軽な気持ちで保存食を作っています。

今回は、リンゴジャムとミントシロップを作りました。

ついでにやる

昼ご飯を食べた後、いつもなにか果物を食べます。

この日はリンゴを食べました。

外国のリンゴは、日本のに比べて小さいです。

1キロ1.99ドル(180円くらい)で買ったリンゴ。

1つは切ってそのまま食べて、そのあと、Youtubeを見ながら2つ皮をむいて小さめに切って、お砂糖と、少しのお水と一緒に弱火にかけました。

妊娠するまではYoutubeってほとんどみなくて、BGMに音楽をかけるくらいしかしていなかったのですが、妊娠してからよくYoutubeでキャンプ動画を見て、キャンプに行けない寂しさを癒してます。w

はやくキャンプに行きたいなぁ~。

話がそれましたが、そのままぐつぐつとしばらく煮て、ときどきかき混ぜながら、リンゴが透き通ったら完成。

完成する前に、沸騰したお湯を瓶に回しかけておいて、簡単に煮沸(?)をします。

以前にも書きましたが、冷蔵庫で保存して割とすぐ食べるためのものを入れるときは、この簡単煮沸をしています。

長期保存の時は、お鍋の中で沸騰したお湯でぐらぐら煮るちゃんとした煮沸をしてくださいね。

そしてせっかくなので切らしていたミントシロップも作りました。

こちらは、お鍋にお砂糖と同量のお水を入れて(分量はお好みで。)砂糖が溶けるまで熱して、溶けたら火を止め、ミントを入れてしばらく置きます。

冷めるくらいまでおいておくと、ミントの香りがシロップに移っていい感じになります。

そうしたら、ミントを取り出して、瓶に入れて完成です。

このミントシロップ、いろいろな場面で役に立ちます。

アイスコーヒーに入れたり、ケーキにかけたり。

さわやかな香りがいいです。

瓶は、リンゴジャムの瓶と一緒に簡単煮沸しておきました。

楽ちんで、おいしい

こちらが完成品。

ちなみにうちでは白砂糖ではなく、粗糖(raw sugar)を使っています。

リンゴジャムは毎日、トーストに塗って食べるのが楽しみです。ヨーグルトにかけてもGOOD!

ミントシロップも甘みの足りないフルーツにちょっとたらしてミントの葉とともに会えれば、ちょっとしたおしゃれデザートになります。




シンプルライフランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする