来年こそ海外に住みたい!というあなたへ~その1~

来年はどんな年にしたいですか?

今年ももう終わり。

みなさんにとって、今年は思ったような年でしたでしょうか?

年初のイメージってすごく大事で、どんな年にしたいか、と具体的にイメージしていると、現実がその方向に向かって動いていく、ということはよくあります。

海外に住んでみたい、と思いながらなかなか重い腰が上がらず、ズルズルと年月が経ってしまうこと、ありますよね。

新年の抱負に、今年こそ海外に住んでみたい!住んでみよう!と考えている人のために、まとめました。

18歳から30歳までなら、ワーキングホリデー

あなたが18歳から30歳までなら、ワーキングホリデーという制度が使えます。

ワーキング・ホリデー (英語Working Holiday)とは、2国間の協定に基づいて、青年(18歳〜25歳または30歳)が異なった文化(相手国)の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために一定の就労をすることを認める査証及び出入国管理上の特別な制度である。

Wikipediaより引用

ワーキングホリデーのいいところは、留学と違い、滞在期間中の行動が比較的自由であることです。

留学のように学校に行ってもいいし、働いてもいいし、お金が十分にあるなら働かなくてもいい。

1年という長期のビザでしかもこれだけ自由なビザは他にないので、年齢が条件に当てはまっているなら、ぜひ利用したいところです。

うちの旦那クンもワーキングホリデーの制度を利用して日本に来ていました。⇓

現在、日本のワーキングホリデー協定国は19か国。オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマーク、台湾(中華民国)、香港、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、チェコ、スロバキア、オーストリア、ハンガリー、スペイン。さらに、チリが新たに協定にサインしたとのことです。

私はオーストラリア、カナダ、ニュージーランドでワーキングホリデー経験があり、カナダとニュージーランド滞在中に、現地のスノーボード・インストラクター資格を取りました。

また、私の弟は、ドイツにワーキングホリデー中に就職活動をし、今も現地の会社で働いています。(ドイツには、デュッセルドルフという、日本企業が集まる街があります。)

このように、ワーキングホリデーからその後の永住やワークビザでの定住・就職への道もあります。

日本国民で18歳から30歳なら、誰にでもこんなにたくさんの国で仕事をしたり、日本ではできないような経験をしたりするチャンスがあるということ。

すごいですよね!?

この機会を逃す手はないと思います!!

ですが、手続きはなかなかややこしいこともあります。そういったときに心強いのがエージェント。

⬇こちらのGlobal Diveは、英語力0、資金0円の状態から帰国後のキャリアまでサポートしてくれるとのこと。すごいですね!

Global Diveは、留学費の調達&帰国後のキャリアもサポート

【留学費用を貯める】留学”前”のサポートや
【帰国した後の英語を活せる仕事を探す】留学”後”のサポートも
一緒に行えるのが、Global Diveの特徴です。

Global Diveより引用




HPも役立つ情報がたくさん載っていて、しかも読み物としてもかなり面白いです。

海外に住みたい人向けの情報収集にもってこいです。

どんな大きな変化も、はじめは小さな一歩から始まります。

無料で相談できるので、少しでも興味があるなら、すぐにでも相談してみましょう

行きたい国が決まっている人向け

もしすでに行きたい国が決まっているなら、以下のサービスもおススメです。

カナダ

格安で憧れの海外生活を実現しましょう!最善なサービスをご提供いたします。【カナダジャーナル】

カナダも素晴らしい国です。

スキーやスノーボードが好きなら、本場で冬のシーズンを過ごしてみてはどうでしょうか?

毎日滑るということは、旅行でたまに滑るというのとはわけがちがいます。ものすごく上達します。

私の友人たちの中にもカナダでワーキングホリデーを経験してプロになった子達が何人かいます。

いろんな意味で日本とはスケールが違います。

一生の宝物になること間違いナシ!です。

オーストラリア

アイエス留学ネットワークは、オーストラリア・シドニーにオフィスを構える留学手配会社です。
TOIECスコアアップ、インターンシップ、日本語教師アシスタントから
語学留学まで何でもお手伝いします。
ホームページで、色々なプログラムを見てみてください!
短期で取得可能な資格もたくさんあります。


第3国で英語を勉強してから、ワーキングホリデー

ワーキングホリデーに行く前に、第3国(フィリピンなど)で英語の勉強をしてから、行きたい国に行く、という方法もあります。

この方法のメリットは、ワーキングホリデーは基本的に1年間と期間が決まっているので(オーストラリアは条件を満たせば2年間)、英語を勉強してから行きたい国に行けば、行ってからすぐに職を探したりやりたいことができるという点。

また、ワーキングホリデー先で勉強するよりも、第3国で勉強した方が学校の費用や滞在費用が安いという点。

ワーキングホリデー先以外にも、近年元気のある東南アジアの国に住むという経験ができる点。

など、たくさんのメリットがあります。

これについては、また次回書きたいと思いますので、楽しみにしていてくださいね。^^

シンプルライフランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

⇓今すぐ無料相談!⇓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする