【感動した映画】おじいさんと草原の小学校

久しぶりに、「よかったー!」と思える映画を見たので、シェアしたいと思います。

映画の題名は、『おじいさんと草原の小学校(原題はThe First Grader)』

ケニアのお話です。

普通に暮らせる、という奇跡。学べる、というありがたさ。

おじいさんと草原の小学校(字幕版)

あらすじは、

世界最高齢の小学生としてギネス記録を持つキマニ・マルゲの実話を映画化した人間ドラマ。政府の教育政策により、84歳にして小学校に入学した彼の勉強に懸ける情熱や幼い級友たちとの交流を、ケニア独立戦争の戦士として戦った過去を交えて描く。

Yahoo!Japan映画 より引用

小学校に、84歳のおじいさんがやってきて、自分も勉強したいと言う。はじめは取り合わなかった教師たちも、彼の情熱に負けて生徒として受け入れることを決める。

しかしその後も、いろいろな妨害にあいながら、それでも負けずに「学び続けたい」という意欲を持つ主人公マルゲ。そして自らも嫌がらせを受けながらもマルゲをサポートすることをやめないジェーン先生。

マルゲおじいさんは、イギリスによる支配に抵抗した過去を持ち、(映画の中では)そのために大切なものをたくさん失っています。(ネタバレになるのでこれから見る方のためにこれ以上は伏せておきます。)

映画を見終わって、自分が当たり前と思っていること、たとえば初等教育を受けて読み書きができることとか、自分の国が他の国に支配されていないこととか、家族と普通に平和に暮らせることとかが、実は当たり前ではなくて、本当にありがたい(ありがたいは、有り難い=有ることが難しい)ことなんだなぁ、と改めて実感しました。

オススメです。

ちなみに、アマゾンがまたプライム無料体験やってるみたいです。家族で、または友人たちと、映画を見る機会も増えるこの時期に、試してみてはいかがですか?↓

Amazon Prime

Huluでも2週間無料でトライアルできます☆彡⇓



シンプルライフランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする