大切なのは買わない・しない、ではなくて予算をたてること

予算を立てる、そしてその予算に従う、ということは、年収の多い少ないよりも実は家計管理において重要です。

「どんぶり勘定は、低収入より恐ろしい」とは、林總さんが著書『正しい家計管理』でおっしゃっていることです。↓

正しい家計管理

お金がたくさんあればお金の心配はない?

こちらの記事にもありますが、年収が高くても、破綻しそうな家庭は実は多いのです。↓

破綻寸前!?世帯年収1000万円もある家庭の生活が一番苦しい理由

そしてご本人たちは破綻しそうだということに気づいていないことも多い・・・。

なぜかというと、「うちは年収が高い」、という意識があるため高級志向であり、そして予算を立てず、よく考えずにお金を使ってしまうからです。

記事ではザルにたとえられていますが、「たくさんお金がある」という意識で何にでもポコポコお金を使いがち。

でも、年収1000万でも、そんな使い方をしていると十分ではないんですよね。

では、すべてをあきらめて節約生活?

それなら、節約するためにあれもだめ、これもだめ、とすべてをあきらめなければいけないかというと、それも快適な生活には程遠いですよね。

低収入でも、人生を楽しみつつ貯金もされている方々はたくさんいて、その方たちって本当にすごいと思うのですが、その方たちが何が優れているかというと、自己管理が素晴らしいんですよね。

予算を立てて、その範囲の中で楽しむ。

もしくは、たくさん出費があったら、前後で引き締めて調節する、などメリハリがある

大切なのは、お金がかかるからと欲しいものを買わない、したいことをしないではなく、予算を立てて買う・する。

良ーく考えて、本当に欲しいもの、必要なもの、本当に価値ある少数の厳選されたものを買う。

安易に借金で買わない。お金を貯めてから買う。

そして、買うなら工夫してなるべく安く買う。

うちでも、旅行に行く前には、大体これくらいと予算を出して、そのお金を早めにとっておきます。

外食も、普段は週に2回と決め、大体の予算も決めてその範囲の中で楽しむようにします。

もし何かの記念日などに普段より高級なお店に行くのであれば、週2回を1回にするなどして調整します。

そうすると、何がいいかというと、ひとつは家計にダメージがないこと、もうひとつは心理的負担がないこと。

家計のことを考えないように・見ないようにしている人は多いですが、実は心の底ではそこはかとない不安を抱えているのではないでしょうか。

家計を数字で明確にし、そのうえで使っていいお金を決めてその範囲で使えば、いつも心配なく暮らしていられます。


シンプルライフランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする