貯金ならぬ貯ビン!?

時間があるとき、もしくは食べきれないほどの野菜や果物があるとき、加工して保存食品にします。


写真はピクルス2瓶(この写真では玉ねぎと人参。あとセロリもよく作ります)と、洋ナシのコンポート、キウイのジャム、塩レモン、ジンジャーシロップです。

果物類は美味しくてドンドン食べてしまうので減りがはやいです。笑。

基本的に、季節もので安い素材をたくさん買ったとき、何に作り替えようか考えます。

洋ナシは1㌔99¢(90円くらいでしょうか)のもの、キウイは一つ10¢(9円弱?)、にんじんはお隣さんに大量にいただいたものです。

こうやって作っておくと、すごく長い間楽しめます。

自家製ジンジャーシロップで作るジンジャーエールは最高!

洋ナシのコンポートをのせるだけで、ヨーグルトがグレードアップしたデザートに♪

それから、冬の間はハチミツが高いので、ベリーシロップをハチミツ代わりに毎朝のポーリッジ(洋風おかゆ?みたいなのです)にいれてます。

こちらも美味!

それからピクルスは、ご飯時になにかもう一品欲しいなっていうときにも便利ですし、玉ねぎのピクルスは、サンドイッチに挟んでも美味しい~♪

塩レモンは、彼氏作です。中東風の、見たこともない料理を作ってくれるときに、入れてるみたいです。笑。

こうして美味しいビンが増えていくと、なんだかワクワクしてしまいます。

瓶は再利用

これらの保存食を入れている瓶は、今までジャムやマヨネーズ(こちらのマヨネーズは瓶に入っているものも多いです。)を買ったときの入れ物を、洗って取っておいたものです。

わざわざ瓶だけ買いません。

新しい瓶を買う費用がカットできるだけではなく、家庭で何度か再利用してからリサイクルに出せば、一度だけ使った瓶を洗って、もしくは溶かしてもう一度違う製品に作り替えて…とするよりもエネルギー効率がいいと思うからです。

なんでも自分の手元に来たものは、リサイクルしたりもしくは捨てる前にもう一度何かに使えないかな?と考えます。

リサイクルはもちろん大切ですが、家庭で再利用したりアップサイクル(元の製品よりももっと良いものに作り替える)したりすれば、リサイクル回収→仕分けや洗浄やもう一度他のものに作り替えることに使われている膨大なエネルギーや、人手や資源(水やその他の化学薬品など)を社会全体で見て少なくできると考えます。

一人一人の力は小さくても、それが積み重なれば大きな変化も作れるのではないかな、と思っています。

話が大きくなりましたが…笑。

瓶を使う前には、もちろん煮沸消毒をしています♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする