食品買い出しもレジャー

食品の買い物をレジャーに

我が家では、1週間に一度、週末に二人そろって食品の買い出しをします。

余計なものを買いすぎないための工夫

冷蔵庫の横にマグネットでメモ帳を貼っておき、何かなくなったら、また次の買い物の時に欲しいなと思ったら、その都度、そこに書いておきます。

このメモ以外のものを買うときもありますが、基本的に余計なものを買いすぎることがすごく減ります。

それから、このメモには、野菜・果物・お肉などは書きません。

種類を決めてから見に行くのではなく、お店に行ってから安いものを買うようにしています。

その方が、旬のもの、特別に何かの理由で安くなっているものなどをお買い得に買うことができるからです。

いかに安くていい買い物ができるかをゲームのように

特に予算を決めているわけではないですが、段々と、これくらいあればストレスなく美味しく満足いくように食べることができる、という金額が、うちではだいたい週60ドルくらい、とわかってきました。

もっと節約しようと思えばできますが、食はとても大事ですので、健康のためにも、日々の満足感のためにも、あまり削りすぎないようにしようと思っています。

ですがうちでは外食をほとんどしないので、これが食費の全てです。

大人2人が朝・昼・晩、(それから彼が帰ってきてからコーヒーと手作りケーキでコーヒータイムをするのが日課ですのでそれも含めて)と食べて1週間で60ドル…ということは、一人1日全部で4.28ドル(400円弱くらい)で食べられているということです。

自炊すると本当に安くつきます。

チキンの丸焼きローストや、ポークローストなどの、レストランで食べたら高級なお料理も、おうちで作れば1日400円の中に軽々収まります。

今週は3Kgもあるポークレッグ(豚の足)が12ドルちょい(1100円くらいでしょうか?)で売っていたので、それを絶賛ロースト中。

今週の食費は、そのポークも含めて2人分1週間で34ドルほどでした!(#^^#)

野菜・果物・卵で10ドルちょい、その他牛乳やパン、それからこのお肉の塊が合わせて23ドルほど。

買うお店を分ける

野菜・果物・卵は、ちょっと遠いイタリア人経営の、地元で愛されている老舗の八百屋さんで買います。

すごく立派な野菜や果物が、すごく安いです!

でも日本のように形や大きさがそろっていたはしません。大きな箱に、小さなものも、大きなものも、ひん曲がったのも、まっすぐなのも全部一緒くたに入っていて、量り売りなので好きなだけ袋に詰めます。

たぶん農家さんの仕分けの手間の分や、形が悪くて捨てられる野菜がない分、安いんじゃないかと思います。あとは、包装がされていない分。

私は、これで十分だと思います。むしろこのほうがいい。

形がそろっていなくても不格好でも、味が美味しくて安いほうがいいです。

他のものは、普通のスーパーで買います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする