となりの億万長者

『となりの億万長者』

私が高校生くらいの時に呼んで、それからほぼバイブル化している本です。w

こちらは新版なのですが、最初に日本で出版されたのは1997年。これが2013年に新版としてまた発売されたということは、今の日本にとって必要とされる知恵が詰まっているからではないでしょうか。

となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則

成功を生む7つの法則とは?

新版も以前のものも、副題は成功を生む7つの法則 となっています。その法則とは

  1. 彼らは、収入よりはるかに低い支出で生活する。
  2. 彼らは、資産形成のために、時間、エネルギー、金を効率よく配分している。
  3. 彼らは、お金の心配をしないですむことのほうが、世間体を取り繕うよりもずっと大切だと考える。
  4. 彼らは、社会人となった後、親からの経済的な援助を受けていない。
  5. 彼らの子供たちは、経済的に自立している。
  6. 彼らは、ビジネス・チャンスをつかむのが上手だ。
  7. 彼らは、ぴったりの職業を選んでいる。

MANESTO  より引用

本当のお金持ちとは?

この本を初めて読んだとき、かなりの衝撃でした。

アメリカで富裕層を研究していたスタンリー博士とダンコ博士が1万人以上の億万長者にアンケートを取り、資産や年収、職業、消費行動のタイプを徹底的に調査した結果、わかったことは

世の中で”お金持ち”と見られている人たち(高級住宅地に住み、高級車にのって…etc.)は、実は資産を持っていないことが多い。

実は本当のお金持ちは質素な暮らしをしている。

などなど、驚きの結果ばかりでした。

アマゾンの商品説明に、

本書は、そうした本物の億万長者の日常の暮らしぶりから学ぶべき「7つの法則」を導き出し、成功と幸福を手に入れたい読者に伝授する。

とあるように、その研究から導き出された法則をわかりやすく解説してくれている本です。

この本、若いときに読んでいて本当に良かった!と思っています。

お金がたくさんあるだけではない、素敵な人生。

私がこの本を高校生の時に呼んで特に感銘を受けたのは、この本に出てくるお金持ちの人たちが、「本当にかっこいい!」ということです。

親からの援助をあてにしない。

夫婦で助け合って仲良く目標を達成している。

まじめに仕事をする。

コツコツと努力を続ける。

そしてその子供たちも自立している。

・・・などなど。

自分の仕事が大好きで、夫婦仲も良く、親からの資金援助などをあてにせず自分たちの足でしっかり立って、見栄を張らず、子どもたちにも本当に大切なことを教え(魚を与えるのではなく魚の釣り方を教える)、本当に大切なものを大切にしている…

私もこういう生き方を目指したいな、そしてこういう人生を共に生きられるパートナーを見つけたいな、と子供ながらに思ったものです。

そして、その通りになりました。

思えば叶うものですね。^^

ものすごくいい本です。

気になる方は是非読んでみてください!

間違いなくタメになります。

↓アマゾンが年末のセール中です。気になる方はぜひこの機会に!


シンプルライフランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする